パーソナルスペースの視覚化

パーソナルスペース、皆さんご存知ですか?

このブログにたどり着いたならば、意味は知っているはずですね。

 

一応説明しますと、パーソナルスペースとは

 

例えば、自分の1m範囲内に人が入ってくると不快に思ってしまうエリアの事です。

(人によりそのエリアの範囲は違います。)

 

自分が不快に思うエリアを、正確に数字距離に出すのは無理ですが意識すれば感じ取れるはずです。

一度、意識して自分が不快に思うエリアを探ってみてください。

 

 

さて、このパーソナルスペースの視覚化とは?

一体何の事だろう?と思ってる、ハイそこのあなた!

 

 

好きなが自分のパーソナルスペースに入ってくるのは、不快ですか?

ぴったりくっついても嫌じゃないはずです。

と言うかデレデレですよね、わかります。

 

では、満員電車で知らない人が隣にいるのはどうですか?

少なからずストレスを感じてるはずです。

 

さらに、

例えですが嫌いな上司が、パーソナルスペースに入ってきたら

どうですか?

 

おそらく満員電車よりストレスが大きいはずです。

(人により感じ方は変わります。痴漢だめゼッタイ。)

 

 

ここまで例えたら次のステージです。

 

扉がある部屋をイメージしましょう。

その部屋には、数字が書いてあります。

0〜10にしましょうか。

数字が大きいほどストレスを感じる、そんな数字が書いてます。

 

ストレスの感じ方で、部屋の中に人を入れていきましょう。

 

例えば

 

0の部屋/恋人、家族

1の部屋/親友

2の部屋/友達ABC

3の部屋/ネット友達

 

6の部屋/友達DEF

7の部屋/満員電車

8の部屋/上司

 

などなど、あなたが感じるままにあてはめましょう。

紙に書いてもいいですよ、でも誰にも見られないでね絶対に。

 

さて、これでパーソナルスペースが視覚化されます。

 

視覚化されたら、なんでこの人に対してストレスを感じるのか客観的に見る事が出来ます。

客観的に感じれば、ストレスそのものはなくなりませんが、緩和される可能性があります。

 

そして、人と人は相性などの問題もあります。

無理して一緒にいる必要もありません。

(でも、それが出来たら苦労しねーよ!って思いましたね。)

 

さて、ここで振り返りましょう。

人付き合いで息苦しい時の気持ちの考え方

 

そうです、ここに書いてる事を実践すれば

最初にあてはめた、部屋に入れた人の移動が始まるのです。

 

8の部屋にいた人が、6の部屋に行く可能性があります。

 

こうして、自分にとって一番ストレスの無い人間関係の為に意識を変えていけるのです。

 

さて一番勘違いしてはいけないのが、0の部屋の人たちだけで交流してはいけませんよ。

自分にとって必要なストレスを感じる人もいるのです。

 

なぜかと言うと、チャレンジ精神、向上心、反発精神が損なわれるからです。

多少のストレスは、頑張れるエネルギーにもなるんです。

 

さて、じゃあどうしたらいいのか。

線引きしたらいいのです、このレベルまでの人なら付き合いしてもいい。

こう考えるのです。

 

最近、人付き合いで精神が病む人もおられます。

目に見えないストレスに蝕まれてるのです。

(人付き合いだけが原因じゃない場合もありますが)

 

視覚化する事で、少しでもストレスが目に見えるようになり

対処方法を見つけれる、そんな風になればと思います。

 

今回の、ココロの導きは以上です。